「ハイスペックな男の条件」と「学校探し」

ハイスペックな男

だって、欲しいんだもん...


私を宇宙に連れてって!
エルメスのカバン買って!
欲しい指輪があるんだけど!

もし、これらすべてのリクエストを聞いてくれる男がいたら素敵だと思いませんか?

うん、前澤社長しかいない!
あ、でも、剛力がいるのか~...

さあ、今日も元気にいってみましょう!

求めよ、さらば与えられん


今日は、「あなたのリクエストが一番大事」について書いていきます。

これを読むことであなたは、「自分のリクエストを聞き入れてもらえる事がいかに大切」かわかるようになります。

どれくらい受け入れてくれるか?


私の主張は、「あなたのリクエストをレッスンに取り入れたい!」ということです。そう考えるようになった背景は、私の留学体験からです。

私自身、アイルランドに1年2ヶ月留学しました。語学学校で英語のレッスンを受けたのですが、その時のレッスンが楽しくなかったからです。

一夫多妻制の如く1人の先生に12人も生徒がいるグループレッスンを選んでしまった時点で、私の男選びは失敗確定でした。しかし、当時の私はそんな事は知る由もなく...

毎日毎日、先生が持ってくるプリントをやるだけの日々。ここ、わからないな、もうちょっと教えてくれないかな?と何度も思いましたが、グループレッスンをストップさせるわけにもいかず、私は何も言えませんでした。(つまらない...)

ここが違う!「涙」のリクエスト


重要なポイントは3つあります。

①楽しさが違う

自分の学びたいことをレッスンに取り入れてもらえると、レッスンの楽しさが違います。例えば、アニメ好きの方で、あなたの好きなアニメを使いながら英語を学習できたら楽しいと思いませんか?

②満足度が違う

これをやりなさい!と言われて、やらされる授業を楽しいと思ったことはありますか? 例えば、この部分をもっと教えて欲しいと思った時に、それをリクエストできて、その部分を丁寧に教えてもらえたらとても満足しませんか?

③やる気が違う

明日は自分がリクエストした○○○を教えてもらえる!となったら、そう思っただけで、やる気が出てきませんか?人は自主的に物事に取り組むのと、しかたなく物事に取り組むのとでは全く身につくスキルが全然違ってきます。

聞いてくれる男は最高!


結論としましては、「リクエストを聞いてくれる男が最高!」ってことです。

あ、すいません。
英語の話でしたね。

結論としましては、「あなたのリクエストを叶えてくれる学校は最高!」ってことです。

イタレリツクセリの日々


その結果、あなたはイタレリツクセリの授業を受けれるということです。

リクエストを聞いてくれるから、

・楽しく学べ
・毎日満足し
・気分も上々!

ってことです。

リクエストさえすればあなたの欲しいものは何でも手にはいります。もう、最高!

まずは、ハイスペック探しから


そんな男をゲットするために!
まずは、あなたのリクエストを聞いてくれる男を探すことです。

あ、すいません。
英語の話でした。

そんな最高のレッスンを手に入れるために!

ますは、あなたのリクエストを叶えてくれる学校を探すことから初めてみませんか?

最後に私からもリスエストさせてください。そのハイスペックな男の中に「パラワン留学」も入れてやってください。

▶ハイスペックな男の価値はこちら

追伸:


今日はとんでもない文章になってしまいました。すいませんm(_ _)m