読書家の3つのタイプ

読書

ロックダウン中に1冊も読めなかった理由は?


趣味は読書!と思ってましたが、ロックダウンが3ヵ月もあったのに、1冊も読みませんでした。読書には気力が必要だったのです、おそらくこれが「自分の好きな本」だったら読んでいたように思います。

好きこそ物の上手なれ

結局は、本当にこの一言なのだと思います。楽しくて楽しくて仕方ない!という事しか人は継続でいないのかもしれません。

読書家の3つのタイプ


趣味は読書!そう言ってもいいぐらいの本好きだと思っていたのですが...

読書家の3つのタイプ

  • ①好きな本を読む
  • ②必要な本を読む
  • ③なんとなく読む

読書家は上記の3つのタイプに分かれると思います。

私の場合は...

年代読んでいた本
10代歴史小説
20代ビジネス書&自己啓発
30代ビジネス書&ミステリー小説
40代あまり読めていません

歴史小説を読んでいた10代の頃は①(好きな本を読む)です。

20代の頃は、ビジネス書&自己啓発本のタイプ②(必要な本を読む)です。

30代の頃はビジネス書&ミステリー小説の②③(必要な本を読む&なんとなく読む)です。

40代は、本をあまり読めていません。最近はロックダウンで多くの時間がありました。部屋にはミステリー小説が5冊以上ありました。

しかし、私はそれらの本を読もうとはしませんでした。時間はたくさんあったのですが、本を読む気力が無かったのです。

結論


好きな事以外な事は、気力が必要なのだ!と痛感しました。

私の場合「歴史小説」以外は、気力が必要だったということです。