留学費用

ゆっくり学べる5時間マンツーマン

コース期間2人部屋(親子など)1人部屋スタンダード1人部屋デラックス
5時間1週間¥57,000¥85,000¥99,000
2週間¥80,000¥110,000¥129,000
3週間¥111,000¥143,000¥166,000
4週間¥139,000¥168,500¥196,000
8週間¥278,000¥337,000¥392,000
12週間¥417,000¥505,500¥588,000
16週間¥550,000¥667,000¥776,000
20週間¥680,000¥825,000¥960,000
24週間¥808,000¥980,000¥1,140,000


しっかり学べる6時間マンツーマン

コース期間2人部屋(親子など)1人部屋スタンダード1人部屋デラックス
6時間1週間¥64,000¥94,000¥103,000
2週間¥90,000¥124,000¥135,000
3週間¥125,000¥157,000¥173,000
4週間¥156,000¥185,000¥203,000
8週間¥312,000¥370,000¥406,000
12週間¥468,000¥555,000¥609,000
16週間¥617,000¥732,000¥803,000
20週間¥764,000¥906,000¥994,000
24週間¥907,000¥1,076,000¥1,181,000


とことん学べる7時間マンツーマン

コース期間2人部屋(親子など)1人部屋スタンダード1人部屋デラックス
7時間1週間¥69,000¥104,000¥119,000
2週間¥98,000¥136,500¥157,000
3週間¥135,000¥173,000¥199,000
4週間¥169,000¥204,000¥235,000
8週間¥338,000¥408,000¥470,000
12週間¥507,000¥612,000¥705,000
16週間¥669,000¥807,000¥930,000
20週間¥828,000¥999,000¥1,151,000
24週間¥983,000¥1,187,000¥1,367,000

・上記は1名様、朝食付きの価格です。
・週3回のベットメイキング&掃除、タオル交換。
・週末チェックイン&週末チェックアウトです。
・電気代など光熱費は無料です。
・2人部屋はお2人同時に留学される方が対象です。
・入学金12,000円と滞在手配料金9,000円は別途でかかります。(留学延長、リピーターの方は必要ありません)

▷親子留学ご希望の方の費用はこちらが見やすいです!

100%保証します 学校案内

【10名様限定】少人数で落ち着いた学校です。

Charing Pension House写真

・『スピーキングとリスニング』を専門的に伸ばす学校です!
・全ての授業がマンツーマン
・ホテル滞在型


:Charing Pension House
:Manalo St. Brgy.Maunlad Puerto Princesa City 5300 Palawan Philippines
☎:050-5339-8286(担当:山本)


滞在先のホテルは予約サイトで「非常に満足」(10点中、8.7点高評価)です。

【スタンダードルーム】

【デラックスルーム】

【生活サポートの内容】

朝食付き

高速wifi(留学生専用)

光熱費無料

掃除は週3回

ベットシーツ交換週2回

タオル交換週3回

警備員&セキュリティーカメラ

昼ご飯 

【部屋の内容】

シャワー&トイレ付き

勉強机&椅子

TV、エアコン

湯沸かしポット

冷蔵庫、ドライヤー

ライトスタンド、キャビネット

サイドテーブルなど

ホテルの部屋


時間割(授業内容は参考です)

時間授業内容
6:30~9:00朝食(6:30分から9時までの間に食べてください)
9:00~9:50文法を話す練習
10:00~10:50英単語&熟語を話す練習
11:00~11:50Q&A方式の会話
11:50~13:00昼食 (1:00までには食べ終わってください)
13:00~13:50「日常会話表現」の基本を練習
14:00~14:50シチュエーショントークの発展練習
15:00~15:50テーマを決めて話す練習
16:00~16:50総復習の時間
16:50~自由。お疲れ様でした
17:00~21:00夕食(5時から9時ぐらいまでの間に食べてください)

・月~金曜日の週5日の授業です。
・復習しながらレッスンを進めます。
・午前と午後の2人の担任制。
・ひんぱんに教師が入れ替わりがないのでレッスンに集中できます。

その他、フィリピン現地でかかる費用は?

①SSP 学生証

SSPの証明

留学生は、SSPが必要です。SSP(Special Study Permit)とは「特別就学許可書」です。発行費:7000ペソ(有効期限6カ月)


②ACR I-Card 外国人登録証

ACRカード

ACR I-Cardとは「外国人登録証」です。留学生やフィリピンに60日間以上滞在する外国人はACR I-Cardを取る必要があります。発行費:約3500ペソ


③ビザ延長費用

visaの延長

フィリピン留学が30日以上の方は、現地でビザの延長をさせていただきます。1回目のビザ延長は30日延長で3130ペソです。2回目の延長からは1か月延長か2か月延長(4150ペソ)をお選びいただけます。

よく聞くフィリピン留学の不満と本校の対策(学習編)

教師も学校も全然、レッスンの希望を聞いてくれません。

希望を聞いてくれません。

生徒さん一人一人の希望を聞くのが大変だからです。学校のノルマやカリキュラムに従えばラク。あなたは、ご自身の意見や希望が全く無視されても満足できますか?

あなたの希望を最優先いたします。

私達はあなたの為に授業をしています。だから、学校のカリキュラムよりも、あなたの希望を優先いたします。実は、全ての人に合うカリキュラムは誰にも作れません。なぜなら、AさんとBさんは違うからです。私達にできる事は、あなたが満足できるレッスンを提供することです。

穴埋め問題ばかりやらされます。

まだ、穴埋め問題をやり続けますか?

生徒さんに穴埋め問題をさせていると、教師はラクです。しかし、穴埋め問題をやり続けても、あなたの会話力は100%伸びません。
日本の英語教育がそうでしたよね。あなたは、留学中も同じ失敗を繰り返したいですか?

授業で穴埋め問題は一切やりません。

全ての時間を会話力向上の為に使っています。マンツーマンレッスンはいつもアウトプットの実践場所です。

*穴埋め問題は、予習や復習などでお使いください。


マンツーマンレッスンなのに、教師ばかりが喋っています。

授業中に喋れなくてもいいのですか?

教師が何も考えずにレッスンすると、教師ばかりがしゃべってしまいます。あなたは、授業中に英語をしゃべるチャンスがなくても満足できますか?

教師たちは「聞き上手スタイル」でレッスンをします。

教師たちは「聞き上手」です。

・あなたに英語を話してもらうこと
・あなたの間違いを訂正すること

本校は上記の2つを教師たちに徹底しています。あなたに気持ちよく英語を話してもらう事を第一に考えてレッスンをしています。

どうやって勉強したらいいかわかりません。

留学中も悩み続けたいですか?

どうやって勉強したらいいかを誰にも相談できず、悩んでいる留学生が多いです。あなたは、留学中も悩み続けたいですか?

私に(山本)ご相談ください。

山本の写真

私自身アイルランド留学中(1年2か月)にどうやって英語を勉強すればいいか悩みました。だから、あなたの不安や悩みも理解できます。

今のあなたの英語のレベル、今後の目的などを考えた上でアドバイスさせていただきます。

レッスン中なのに教師が携帯ばかりいじっています。

携帯の音がなったり、Facebookのメッセンジャーのやり取りをしています。私が英文を読んでいる時や、穴埋め問題をしている時などいつも携帯をいじっています。ほんとに授業も私のこともバカにしてるとしか思えません。

携帯は「意味調べ」の時にだけ利用させていただきます。

携帯の使い方について

厳密にお伝えしますと、意味調べなどレッスンに必要な時に利用します。携帯を利用するときは、生徒さんの目の前(テーブルの上)で堂々と使わせていただいております。

この目の前(テーブル上)利用を本校では強く指導しております。また、レッスン時間を確認するために携帯を見ることはあります。しかし、レッスン中に携帯を私用に使うことは断固禁止させていただいております。

*過去に即解雇した教師もいます、この部分は徹底的に指導させていただいております。


留学したらフィリピンの祝日シーズンに当たってしまい、ほどんど授業が受けれませんでした。

事前にフィリピンの祝日を調べなかった私もよくないのですが、5日あるレッスンのうち2日しか受けることができませんでした。

フィリピンの祝日でも教師たちがレッスン可能な時は、レッスンしています。

祝日もレッスン

本来、祝日は祝日です。しかし、 教師たちがレッスンできる、生徒さんがレッスンを受けたい!という場合は、祝日でもレッスンしています。不公平があるといけませんので、全教師&全生徒さんが対応可能な場合の時に限ります。2019年は、ほとんどの祝日でレッスンしています。

詳しくはこちらのブログ記事で確認ください。


単語の意味を英語で説明されても『はっきりした意味』がわかりません。後でもう一度辞書を引かなければならず2度手間です。

普通のボキャブラリー授業は、

単語の1つ1つを教師が英語で説明

穴埋め問題

答え合わせ

レッスン終了です。


このようなレッスンでは単語の量は増えますが、単語を話せるようにはなりません。また、英語で説明されてもハッキリと意味がわからないので、後でもう一度、自分で調べなければなりません。時間のムダとストレスを感じます。

本校は日本の単語帳を使っています!

日本の単語帳を使います

日本の単語帳を使うので、単語の意味が日本語ですぐわかります。


本校のボキャブラリークラスは、

単語の意味が日本語ですぐわかる。

単語を使って頭の中だけで文章で考え、アウトプットする。
↓ ↑
アウトプット中の間違いを訂正してもらう。
↓ ↑
慣れてくるまでアウトプットを繰り返す。

レッスン終了です。


本校では最初から単語使って話す練習をします。何度も同じ単語を繰り返しアウトプットするので、あなたの記憶にも定着します。もちろん意味調べのストレスもありません。


授業についていけませんでした。

英語の授業

授業についていけない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから。
②授業内容や進むスピードがあなたに合っていないから。
③教師の説明がわかりにくいから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②レベルに合わせた内容と授業の早さをゆっくりにしてもらう。
③教師を変える、もしくは、クラスを変える。

あなたの理解できるスピードで授業をすすめます!

今日はこれだけやりなさい!といったノルマはありません。なぜなら、あなたが授業内容を理解できたかどうかが最も大切だからです。「あなたの理解の早さ=授業の早さ」です。

授業で全然しゃべれませんでした。

英語が話せない

授業で英語がしゃべれない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから話すチャンスがない。
②生徒さんが話すレッスンスタイルになっていないから。
③あなたが周囲に気を使う人だから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②生徒さんが話すレッスンにしてもらう。
③周りの人は黙らせて、あなたがしゃべりまくる!(人の話は一切聞かない)

全ての授業がアウトプット主体のマンツーマンです。

なぜなら、グループレッスンだとしゃべれないからです。グループレッスンでたくさんしゃべれる人は、人の話を容赦なくさえぎって、自分勝手に話ができる人だけです。また、アウトプットのないマンツーマンは『マンツーマンの価値』がありません。


プリントがバラバラになってしまい、予習も復習も上手くできません。

プリントが毎日増えていきます。2週間もすると、どこに何のプリントがあるのかわかりません。これでは、予習も復習もうまくいきません。あなたの知識もバラバラに...そして留学最終日、かさばるプリント(重い)を全部捨てて日本に帰国。学んだことを全て捨てる気持ちになりませんか?

本を使って学んでいます。

教材で授業をすると

本は内容がまとまっていますので、あなたの知識もまとまります。また、本を使うと、学習予定をあなたと教師の2人で決めることもできます。だから、予習も復習も自由自在です。そして、留学最終日、本を持って帰れます。学んだことは、全て日本に持って帰りましょう!


授業中、辞書を使わせてくれません。

学校のポリシーや教師の信念だと思いますが、そんなことは生徒さんには関係ありません。あなたは、意味がわからないまま授業が進んでいってもいいのですか?

辞書は自由にお使いください。

辞書

意味がわからないままレッスンを進めると、間違ったまま理解してしまう可能性があります。だから、辞書を使うのはあなたの自由です。

何度も同じプリントをやらされました。

教師がテキトーに授業のプリントを持ってくるからです。1人の教師がたくさんの生徒さんを担当する場合、誰に何の授業をしたか全く把握できていません。この時点でカリキュラムとは名ばかりになっていますね。

あなたがリクエストしない限り、同じ授業をすることはありません。

私達は「本」を使ってレッスンを進めていきます。だから、レッスンが重複することはありあせん。また、本校は担任制です。担任教師があなたのレベルをしっかり見極め、必要なことだけをレッスンしてくれます。


教師の変更をリクエストしたのに対応してくれません。

自分たちの都合を優先する学校が多いです。教師のシフトが変わってしまうので対応を嫌がります。

教師の変更については、あなたのご希望を最優先にいたします。

すぐ、対応できない場合は「〇月〇日から変更可能です」とお伝えします。

教師が休んだのに、補講してくれません。

教師が突然休んでしまったのに、補講してくれない学校も多いらしいです。あなたの授業が減ってしまいますよね。

教師が休んでしまった場合、100%補講させていただきます。

補講は平日レッスンの時間延長、土曜日や日曜日を使います。ご協力くださいませ。

書いてる私もだんだん辛くなってきました。そして、さらに生徒さんに追い打ちをかけるのが留学生活についてです。

こちら

よく聞くフィリピン留学の不満と本校の対策(生活編)

ルームメイトと生活リズムがあわず毎日ストレスでした。

二人部屋

2人部屋、3人部屋では自分のペースで生活ができません。もちろん、自分のペースで学習することもできません。日本でいつも1人部屋で生活しているあなたが、いきなり他人と同室になってうまくいくと思いますか?

1人部屋が標準です。

本校は1人部屋がスタンダードです。2人部屋はご夫婦や友達同士、恋人同士などの場合のみ対応させていただいております。

毎日、学校に通うのが苦痛でした。

本校はホテル一体型の学校です

住んでる所から学校に通うまで20分かかった話。移動すれば余計な交通費もかかります。大雨の日はなんとなく行くのが嫌になって学校をさぼってしまったという話も聞きました。

本校はホテル一体型の学校です

ホテルの部屋でレッスンをしています。また、広いスペースで勉強される方もいます。朝から学校に通う必要がないので、とても楽ちん。余計な交通費もかかりません。さらに、レッスンをさぼることもできませんw


停電や断水で大変でした。

停電

フィリピンはインフラ環境が悪いです。だから留学する場所によっては停電や断水があります。この問題を留学前に気づかない方も多いですが、水がなかったらう〇こも流せません。

ホテルには停電も断水もありません。

ホテルは発電機があるので、停電しても電気が使えます。また、町中が断水になっても、地下水を利用しているので断水にも影響されません。

ネットが使えませんでした。

ネットが使えない

インターネットがつながらない、遅くて開けないはフィリピンでよく聞きます。ネットをたくさん使う方には強烈なストレスになりますね。また、学校によっては最初から動画ダウンロードが禁止されています。

生徒さん専用のネット回線があります。

ホテルのwifiもありますが、本校はさらに生徒さん専用の高速wifiを用意してます。動画や重たい作業もばっちりです。パソコン関係の仕事をしながら本校に留学される方も多いです。


毎週、プリント代や、電気代などいろいろ払わされました。

現地での支払い

洗濯機を使うのにお金がかかったり、プリント代として毎週お金を払ったり、電気代などいろいろ払わされて結局割高でした。とおっしゃる留学生も多いです。

洗濯以外は全て込み。

プリント代金、電気料金、水道料金などすべて込みの価格を提示させていただいております。留学に来てまであれこれ支払う必要はありません。洗濯は学校から徒歩1分の所にランドリーショップがありますので、そちらをご利用くださいませ。(1キロ50円程度です)

留学したら危険でした。

盗難事件が多い

留学したら実は治安が悪いことを聞きました。実際にたくさんの人が財布や携帯を盗まれてました。行ってはいけないエリアがたくさんあり、学校から外出するときは必ずタクシーを利用するように言われました。いろいろ制限があって楽しめませんでした。

安全には自信があります。

プリンセサの町中は安全です。女性、子供でも普通に街歩きを楽しめます。実際に留学された方の感想が一番リアルだと思いますの詳しくは↓こちら


部屋の中に「虫」がたくさんいて最悪でした。

虫

「部屋に虫がたくさんいました。私は虫が嫌いだったので本当に嫌でした。」「子供が虫を怖がってダメでした。」など

虫がいなくて最高です!

ご安心ください。ホテルの部屋の中には「虫」はほとんどいません。女性の方は特に虫が嫌いという方が多いですね。

一人で病院に行かなければならず、とても不安でした。

病院に付き添います

「留学中に体調が悪くなり一人で病院に行きました。実際に病院に行ったものの何をどうしたらいいかわからず、本当につらかったです。」

山本もしくは、担任教師が病院に付き添います!

あなたが病院に一人で行く必要はありません。


トイレットペーパーが流せなくて、シャワールームが臭くてたまりません。

トイレットペーパー;

フィリピンではトイレットペーパーを流せない事が多いです。特に2人部屋や4人部屋など、他人と一緒に生活している場合は異臭が半端ないです。その臭い中でシャワーを浴びなければならなかったらしいです。

普通にトイレットペーパーを流してOKです。

ストリートチルドレンに財布を盗まれました。

ストリートチルドレン

ストリートチルドレンに絡まれて財布を盗まれた人がいます。例え、何も盗まれなかったとしてもストリートチルドレンに囲まれたり、後をついてこられたら気持ちのいいものではありませんね。

プエルトプリンセサの町中にストリートチルドレンはいません!


排気ガスがすごくて体調を崩しました。

排気ガス

町中の排気ガスが凄かったです。排気ガスが原因で一週間入院された方もいました。ぜんそくの症状です。まさか、留学中に排ガスが原因でぜんそくになるとは思っていませんでした。

通勤の混雑時以外は大丈夫です。

プリンセサの町中でも、メインストリートの通勤の混雑時は排気ガスが多いです。通勤の混雑時にわざわざそこに行かなくてもいいとは思いますが(笑)それ以外の時間帯は問題ありません。

学校の日本人スタッフが何も助けてくれません。

助けてもらえなくて一人で悩む女性

日本人スタッフがいる学校に留学しました。でも、実際留学したら、インターン生は学校のブログ更新と自分の英語レッスンに必死。生徒さんの事はほったらかしでした...

留学中のサポートは全て山本にお任せください。

どんな事でもご相談ください。出来る限りのサポートをいたします。

生徒さんからのライン


どんなレッスンですか?


本校のマンツーマン5つの特徴


①毎日楽しくスピーキングが伸びます。
②あなたのレベルと目的にあわせてくれます。
③正しい英語が話せるようなります。
④あなたが理解できるスピードでレッスンは進みます。
⑤午前と午後の担任が責任をもって教えてくれます。

実は、レッスンをフィリピン人教師に丸投げする学校が多いです。しかし、私たちは10名までの少人数制なのでしっかり全員の教師を育てることができます。

例えば、本校の教師たちは、自分自身のレッスンを動画で確認し、問題点を1つ1つ改善していきます。このトレーニングを繰り返すことにより、教える力が上がっていきます。

【研修の動画】

【レッスンを確認する】


追伸:本校のマンツーマンはいかがでしたか?

のぞみんさん
(のぞみんさん)

先生たちが明るくて優しいので、楽しみながら英語を学ぶことができました。先生方の人柄もあると思いますが、山本さんが丁寧に研修や指導をされていることが良くわかりました。

Y.Hさん
(Y.Hさん)

午前と午後と2人の先生が担任してくれるのが、すごく良かったです!マンツーマンあるあるですが、毎時間別の先生と昨夜の晩ごはん等、同じ話を何度もしなくていいのが、時間を有効に使えて本当にいいです。

Sachi & Shinくんの声
(Sachi & Shinくん)

希望に合わせて授業形式を決めてくださったことが良かったです。自身のレベルに合わせてもらえたことが助かりました。息子のレッスンも先生がマンツーマンで根気よくみてくださったので、安心してお願いできました。

あやかさん&はーちゃん
(あやかさん&はーちゃん)

たくさん話して、話す事に慣れたい人にはぴったりの学校だと思います。レッスンがフレキシブルなので、親子留学にもおススメだと思いました。

Sさんご夫妻の声
(Sさんご夫婦)

ここのマンツーマン授業は、とても良いと思います。それぞれの先生方の教え方は、学校(日本)の 時とは比べものにならないと思います。

清野 貴子さん
(清野 貴子さん)

私は自信を持って彼女達はプロフェッショナルだと言えます。彼女たちは英語を学ぶ人達に一番効率良く英語をマスターできる方法を教えてくれます。


ひとりでも多くの方に「パラワンに来て本当によかった!」と言っていただけるよう精一杯サポートさせていただきます。