フィリピン留学 トップ10こんなマンツーマンレッスンは嫌だ!



ダメなマンツーマンレッスンを動画にしました。

1.休憩時間が過ぎても教師が戻ってこない。
2.教え方が下手。明確な指示も無いし、準備もしていない。
3.英語のレベルが低い。間違った英語をしゃべっている。
4.生徒さんが理解できるスピ―ドで話してくれない。
5.文法の説明が間違っている。
6.説明が長すぎる。
7.教師がしゃべりまくる。私の回答を待ってくれないし、私が話そうとしているのをさえぎる。
8.間違いを訂正してくれない。
9.ムダ話が多い。
10.情熱がない。


この動画は、2つの目的で使用されます。

①毎月1日に教師全員で見る。
②新人研修の時に使用する。

本校の対策は?

1.休憩前に生徒さんとレッスン再開の時間を確認し、その時間を守る。
2.8:30-9:00, 12:30-1:00, 4:00-5:00これらの時間はレッスンの事前準備の為の時間とする。
3.6ヵ月以内に指定の文法書を全て仕上げること。
4.生徒さんに英語のスピートは大丈夫かどうか確認する。
5.自分の考えで文法の説明をしない、真実を伝える。
6.説明は常に短くする。(3:00pm-5:00pmをsimple explainの練習時間に充てる)
7.私たちの標準スタイルに従うこと。 (80:20) and (Q and A 50:50)
8.常に生徒さんの間違いを訂正すること。
9.レッスンの時間配分は私たちの標準スタイルに従う。
10.ご自身の為にも、他の仕事先を見つけてください。

*一部読者にわからない、私たちの標準スタイルといった言葉がありますが、チャンスがあれば後日説明させていただきます。

マンツーマンレッスンで一番大切なことは?

マンツーマンレッスンで一番大切なことは?

たくさんの学校で何の目的意識も持たずにただただマンツーマンで授業をしています。本校がマンツーマンで一番大切にしていることは、『生徒さんに英語をしゃべってもらうこと』です。

おまけ:本校のゴールデンパターン

①文法や単語を教える

②生徒さんがそれらを使ってしゃべる練習をする

③教師が間違いを訂正する

④会話している時などで、教師が学んだ文法や単語を無理くりにでも使う(生徒さんの復習の為)

⑤授業に復習も取り入れる。(毎週金曜日など)

以上が、本校のゴールデンパターンです。