他のフィリピンの学校や他の国に海外留学した後、本校に来られた留学生が私にいろいろ話をしてくれます。それらを掲載しておきます。また、本校の対策もお伝えいたします。

こちら

よく聞く留学生の不満と本校の対策(学校編)

教師も学校も全然、希望を聞いてくれません。

希望を聞いてくれません。

生徒さん一人一人の意見や希望を聞くのがめんどくさいからです。学校のノルマやカリキュラムに従えばラク。あなたは、ご自身の意見や希望が全く無視されてもいいですか?

あなたの希望が最優先。

私達はあなたの為に授業をしています。だから、学校のカリキュラムよりも、あなたの希望を最優先いたします。そもそも、万人に合うカリキュラムなど作れるわけがありません。なぜなら、AさんとBさんは違うからです。私達にできる事は、一人一人に合ったカリキュラムを作ることです。

穴埋め問題ばかりやらされます。

まだ、穴埋め問題をやり続けますか?

生徒さんに穴埋め問題をさせていると、教師はラクです。しかし、穴埋め問題をやり続けても、あなたの会話力は100%伸びません。あなたは、それでいいのですか?

授業で穴埋め問題はやりません。

授業中は、穴埋め問題は一切やりません。全ての時間を会話能力アップの為に使いましょう。マンツーマンレッスンはいつもアウトプットの実践場所です。

*穴埋め問題は、予習や復習などでお使いください。


マンツーマンレッスンなのに、教師ばかりが喋っています。

授業中に喋れなくてもいいのですか?

教師が普通にレッスンすると、教師ばかりがしゃべってしまいます。あなたは、授業中に喋るチャンスがなくてもいいですか?

教師たちは「聞き上手」です。

教師たちは「聞き上手」です。

・あなたに英語を喋ってもらうこと
・あなたの間違いを訂正すること

本校では上記2つを教師たちに徹底させています。私たちは、あなたに気持ちよく英語を話してもらうために「聞き上手」スタイルでレッスンいたします。

どうやって勉強したらいいかわかりません。

留学中も悩み続けたいですか?

どうやって勉強したらいいかを誰にも相談できず、悩んでいる留学生が多いです。あなたは、留学中も悩み続けたいですか?

私に(山本)ご相談ください。

山本の写真

私自身アイルランド留学中(1年2か月)にどうやって英語を勉強すればいいかさんざん悩みました。だから、あなたの不安や悩みも理解できます。

今のあなたの英語のレベルや状況、今後の目的などを考えた上でアドバイスさせていただきます。


単語を英語で説明されても意味がわかりません。もう一度辞書を引かなければならず、2度手間です。

普通のボキャブラリー授業は、

単語の1つ1つを教師が英語で説明

穴埋め問題

答え合わせ

レッスン終了です。


このようなレッスンでは単語の量は増えますが、単語を話せるようにはなりません。また、英語で説明されてもハッキリとした意味がわからないので、もう一度、自分で調べなければなりません。時間のムダとストレスを感じます。

日本の単語帳を使います。

日本の単語帳を使います

日本の単語帳を使うので、単語の意味が日本語ですぐわかります。


本校のボキャブラリースピーキング授業は、

単語の意味が日本語ですぐわかる。

単語を使って頭の中だけで文章で考え、アウトプットする。
↓ ↑
アウトプット中の間違いを訂正してもらう。
↓ ↑
慣れてくるまでアウトプットを繰り返す。

レッスン終了です。


本校では最初から単語を話す練習をしています。何度も同じ単語を繰り返しアウトプットするので、あなたの記憶にも定着します。また、意味調べのストレスもありません。


授業についていけません。

授業についていけない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから。
②授業内容や進むスピードがあなたに合っていないから。
③教師の説明がわかりにくいから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②レベルに合わせた内容と授業の早さをゆっくりにしてもらう。
③教師を変える、もしくは、クラスを変える。

あなたの理解を大切にします。

今日はこれだけやりなさい!といった教師へのノルマはありません。ノルマより、あなたが理解できたかどうかが大切だからです。「あなたの理解の早さが=授業の早さ」になります。

授業で全然しゃべれません。

しゃべれない原因は主に3つです。

①グループレッスンだから。
②生徒さんが話すレッスンスタイルになっていないから。
③あなたが周囲(他の生徒さん)にきちんと気を使う人だから。

【解決方法】

①グループレッスンを止めて、マンツーマンに変更する。
②生徒さんが話すレッスンにしてもらう。
③周りの人は黙らせて、あなたが超積極的に話をする。(人の話は聞かない)

全ての授業がマンツーマンです。

なぜなら、グループレッスンだとしゃべれないからです。グループレッスンでたくさんしゃべれる人は、人の話を容赦なくさえぎって、自分勝手に話ができる人だけです。


プリントがぐちゃぐちゃになってしまい、予習も復習も上手くできません。

プリントが毎日増えていきます。1か月もすればどこに何のプリントがあるのかぐちゃぐちゃです。これでは、予習も復習もうまくいきません。あなたの知識もぐちゃぐちゃに...そして留学最終日、かさばるプリント(重い)を全部捨てて日本に帰国。学んだことを全て捨てる気持ちになりませんか?

本を使って学んでいます。

教材で授業をすると

本は内容がまとまっていますので、あなたの知識もまとまります。また、本を使うと、学習予定をあなたと教師の2人で決めることもできます。だから、予習も復習も自由自在です。そして、留学最終日、本を持って帰れます。学んだことは、全て日本に持って帰りましょう!


授業中に、辞書を使わせてくれません。

学校のポリシーや教師の信念だと思いますが、そんなこと生徒さんには関係ありません。あなたは、意味がわからないまま授業が進んでいってもいいのですか?

辞書は自由にお使いください。

辞書

意味がわからないままレッスンを進めると、間違ったまま理解してしまう可能性があります。だから、辞書を使うのはあなたの自由です。

何度も同じプリントをやらされました。

教師がいいかげんにプリントを持ってくるからです。教師がたくさんの生徒さんを担当する場合、誰に何の授業をやったか管理してないのでしょう。すでにカリキュラムとは名ばかりです。

あなたがリクエストしない限り、同じ授業をすることはありません。

弊社は「本」を使ってレッスンを進めていきます。だから、レッスンが重複することはありあせん。また、弊社は担任制です。担任教師があなたのレベルをしっかり見極め、必要なことからレッスンしてくれます。


教師の変更をリクエストしたのに対応してくれません。

自分たちの都合を優先する学校が多いです。対応がでたらめで、長期の留学生でも、希望する教師とレッスンできません。

教師の変更は、今、学校にいる方のご希望を最優先いたします。

すぐ、対応できない場合は「〇月〇日から変更可能です」とお伝えしています。

教師が休んだのに、補講してくれません。

教師が突然休んでしまったのに、補講してくれない学校も多いらしいです。クラスが流れていってしまいます。

教師都合の休みの場合、100%補講させていただきます。

補講の為に土曜日や日曜日を使う場合もありますが、ご協力くださいませ。

書いてる私も辛くなってきました。そして、さらに留学生に追い打ちをかけるのが留学生活についてです。

こちら

よく聞く留学生の不満と本校の対策(生活編)

2人部屋の相方と生活リズムがあわず毎日ストレスでした。

二人部屋

留学したのに二人部屋や三人部屋では自分のペースで生活することも、自分のペースで学習することもできません。当然ですが、部屋のスペースも狭いです。このような留学生活ではストレスがたまるのは当たり前ではないでしょうか?

1人部屋の提供が標準です。

本校は1人部屋の提供がスタンダードです。ご夫婦や友達、恋人同士、友達同士などの場合だけ二人部屋を対応させていただいております。

毎日、学校に通うのが大変でした。

本校はホテル一体型の学校です

住んでる所から学校に通うまで20分かかった話。バスや電車をつかたりすれば余計な交通費もかかります。大雨の日はなんとなく行くのが嫌になって学校をさぼってしまったという話も聞きました。

本校はホテル一体型の学校です

ホテルの部屋を使って授業する方もいますし、大きなスペースで勉強される方もいます。学校に通う必要がないので、とても安全で楽ちん。さらに、余計な交通費もかかりません。


停電や断水で大変でした。

停電

フィリピンはインフラ環境がよくありません。だから留学する場所によっては停電や断水があります。こんなの日本人には予想できないことなので留学前に気にしない方が多いですが、水がなかったらシャワーも浴びれません。

ホテルには停電も断水もありません。

ホテルは大型発電機があるので、停電しても自家発電で電気がつきます。また、町中が断水になることはあっても、地下水を使っているので断水に影響されることはありません。

インターネットが使えません。

希望を聞いてくれません。

インターネットがつながらない、遅くて開かないはフィリピンではよくあることです。ネットを多く使う方には特にストレスになりますね。また、学校によっては最初から動画のダウンロードなどは禁止されていたりします。

生徒さん用にネットの専用回線があります。

ホテルのwifiも十分ですが、さらに生徒さんたち専用の高速wifiを常設してあります。動画が重たい作業もばっちりなので、IT関係の仕事をされながら本校に留学される方もいらっしゃいます。


毎週、プリント代や、電気代などいろいろ払わされました。

現地での支払い

洗濯機を使うのにお金がかかったり、プリント代として毎週お金を払ったり、電気代などいろいろ払わされて結局割高でした。とおっしゃる留学生も多いです。

本校は洗濯以外は全て込み。

プリント代金、電気料金、水道料金などすべて込みの価格を提示させていただいております。留学に来てまであれこれ支払う必要はありません。洗濯は学校から徒歩1分の所にランドリーショップがありますので、そちらをご利用くださいませ。(1キロ50円程度です)

留学したら危険でした。しかも、排気ガスがすごくて...

排気ガス

留学したら危険なところで、実際にたくさんの人が盗難にあったりしていました。学校からはいつもタクシーを利用するように言われました。排気ガスもすごかったです。

安全には自信があります。

プエルトプリンセサの町中は少し埃っぽいです。ラッシュアワーでもない限りは排気ガスを気にする必要はありません。治安もばっちりなので女性もお子様も自由に街歩きができます。せっかくの海外留学なのでここパラワンでいろんな体験をしてみてください。