フィリピン留学 社会人のためのマンツーマン「10名限定」

FrontPage

文字サイズ:

フィリピン留学 留学された生徒さんのお悩みは?


留学初心者たちの3つの問題点

①「どうすれば話せるようになりますか?」

②「どうやって勉強したらいいですか?」

③「英単語すぐ忘れちゃうんですがどうすればいいですか?」


山本勉

上記3つは実際にフィリピン留学してくれた方からの最も多い質問です。
はじめまして、フィリピン マンツーマン イングリッシュ スクール代表の山本 勉と申します。
社会人の方に「60日のフィリピン留学で英会話をマスターしてもらいたい」と思って学校を運営しています。
自己紹介は後にして、先ほどのフィリピン留学してくれた方達のお悩みを留学前に解決していきましょう。

留学された方のお悩みと解決方法!


お悩み①「どうすれば話せるようになりますか?」

話すトレーニング

話せるようになる方法はフィリピン留学で「徹底的に英語を話すトレーニング」をする事です。
留学すれば話せるようになると思っていませんでしたか?
留学前にお伝えしておきますが、留学しても自然と話せるようにはなりません。
留学したのに恥ずかしがってしゃべりたがらない方がいらっしゃいますが、フィリピン留学で徹底的に話すトレーニングをするのが英会話上達の早道です。
羞恥心は捨てましょう。
旅の恥はかき捨てといいますが、留学の恥もかき捨てです。
フィリピン留学成功のポイント「話すトレーニング」です。

お悩み②「どうやって勉強したらいいですか?」

留学での効率的な勉強方法は2つです。
1.フィリピン留学では「声」に出して勉強する事。
口に出して使った言葉だけが「話せる言葉」になっていくからです。
私たちが日本で勉強していたときに圧倒的に不足していたのが「英語を口に出す」ことです。フィリピン留学で英単語を1000個丸暗記しても、穴埋め問題を500問解いてもしゃべれるようにはなりません。留学してまで受験勉強はしないでください。
留学で授業をガンガン進める必要はありません、むしろ留学中はゆっくり進める事をおススメします。
フィリピン留学成功のポイント「声に出す」です。


2.留学中は「復習」を3日に1回する事です。

記憶のグラフ

フィリピン留学で私たちは必死に英語を覚えます。しかし、2日後には約60%を忘れるといわれています。
だからフィリピン留学では「復習」を取り入れてください。
留学中にしっかり復習すれば記憶の定着率が通常の3~4倍になるからです。
フィリピン留学成功のポイントは「復習」です。

*これはエビングハウス忘却曲線より科学的に証明されています。

お悩み③「英単語すぐ忘れちゃうんですがどうすればいいですか?」

単語を忘れない方法は「アウトプット x 復習」をたくさん繰り返す事です。

2008年、ハーバード大学が記憶力と勉強方法の実験をしました。
アウトプットが記憶の定着を助ける

実験の結果をまとめると以下の通りです。

1週間後の単語テストの結果
・アウトプット中心のグループは80%を記憶していた。
・インプット中心のグループは35%しか記憶していなかった。

つまり人間の脳は『こんなに入ってくるから』覚えようとするのではありません。『こんなに使うなら』覚えようとするという事です。
フィリピン留学成功のポイント「アウトプット x 復習」です。


あなたはフィリピン留学中に悩む必要はありません。

なぜなら、私の学校はあなたの悩みを全て解決できるからです。

選ばれる5つの理由


① 全てマンツーマンレッスンだから。


英語を話す

・フィリピン留学中、いつも教師と1:1で英会話の練習ができます。
・会話の上達に必要ないので授業中に穴埋め問題は一切やりません。(穴埋め問題は復習の代わりに自習用にお使いください。)
・復習を授業に取り入れます。(留学で学んだことを3~4倍あなたの記憶に定着させるため)
・日本の英単語帳も使用します。(留学中の辞書を引く時間を節約するため)
・間違った英文はすぐ教師が直してくれるので、いつも正しい表現が身につきます。


② スピーキングをめっちゃくちゃ伸ばしてくれるから


安心してください。

「英語が話せるようになりたい!」と思ってフィリピン留学したけれど、なかなか話すきっかけがつかめない生徒さんも多いです。
でも、ご安心ください。
私たちはサンプルを元にあなた自身で文章をつくり、それを『声』に出す方法でトレーニングしています。
いきなり英語をしゃべるのは難しいので、最初はサンプルを見ながら『声』に出していきましょう!

これは「数稽古トレーニング」と呼ばれ、以下の内容です。

・覚えた文法や構文を使って文章をあなたが作り『声』に出す。
・覚えた英単語を使って文章をあなたが作り『声』に出す。
・覚えた英熟語を使って文章をあなた作り『声』に出す。
・文章を否定文や疑問文にして『声』に出す。
・文章に疑問詞(what,whereなど)をつけて『声』に出す。

など、各5文ずつ、『声』に出してもらっています。

いろいろな場面の文章を作るのでいろいろなシチュエーショントークの練習にもなります。
最初はサンプルを見ながら英文を作っていきますが、何度も繰り返しトレーニングすると、だんだんサンプルを見ずに話せるようになってきます。早い人はフィリピン留学3日目で、遅い人でも2週間以内には話せるようになっていく実感があります。


③ ホテルで快適な留学生活をおくれるから。


初めてのフィリピン留学、初めての海外生活、不安はありませんか?
ご安心ください。私たちはホテルに滞在し3食&掃除のフルサポートを提供しています。
テレビ、エアコン、温水シャワー、トイレ、勉強机、椅子2脚、冷蔵庫、キャビネット、鏡、サイドテーブルなどが完備。
すべての部屋でwifiの利用が可能です。また、フィリピン留学でよく問題視される虫や蚊もほとんどおりません。留学中の部屋の掃除やベットメイキングは週3回、いつでもご都合のよいときにホテルのフロントにお伝えください。
快適な留学生活をお楽しみいただけます。

昼ご飯 ホテルの部屋


④ 社会人10名様限定の小さな学校だから。


「たくさん生徒がいる大きい学校に抵抗を感じる」という方にぴったりのフィリピン留学先です。
集団行動が苦手な方にもおススメです。
目標をもった社会人の方が集まって勉強しています。他のフィリピンの学校に比べて留学される方たちの年齢が高いのが特徴です。(うちにフィリピン留学してくれた生徒さんたちの平均年齢は36歳です。)

学校の概観 休憩場所 


⑤ リゾートも楽しめるから


フィリピン留学 パラワン島は数々のNo.1に選ばれた特別な留学先です。

・2013年「世界のベストアイランド」部門でランキング1位。
・2014年、2015年と2年連続「世界一美しい島」部門でランキング1位。

アメリカの人気旅行雑誌「トラベル+レジャー」と「コンデナスト・トラベラー」が発表したもの。

パラワン島は日本から飛行機を乗り継いで約7時間。マニラやセブで乗り換えが必要です。日本から直接パラワンに来れないのは不便を感じますが、一生に一度の留学なら迷う必要はありません。
なぜなら、安全な留学生活が約束され、週末はリゾートを満喫できるからです。

パラワンの写真


留学前に知っておきたい6つの事。


① 留学したのに目標がない?

まず、フィリピン留学の最初に「目標を設定してください。」

明確な目標設定

例)フィリピン留学2ヶ月の目標
「海外旅行に行っても困らないようになりたい」など…

フィリピン留学してくれたのに何の目標設定もない人もいらっしゃいますが、どんな目標でもあるほうがモチベーションになります。フィリピン留学の途中で学習の方向性があっちにいったり、こっちにいったりしているのはもったいないです。
明確な目標があると留学中の迷いがなくなり、目標に向かって進むだけなので気持ちが楽です。
フィリピン留学成功のポイント「目標を立てる」です。

② 知識とスキルの違いとは?

・現在完了を知っていますか? 
・現在完了を使って話せますか?

現在完了を知っているということと、現在完了を使って話すということは違います。

・知っている=知識だけの問題です。
・話す=知識 + 話すスキルの問題です。

知識は「文法、発音、単語」の3つです。知識は覚えるだけです。
スキルは「話す、聞く、読む、書く」の4つです。スキルは使わないと上達しません。

大切なのでもう一度お伝えします。
スキル「話す、聞く、読む、書く」は使えば使うほど磨かれ上達します。

「英語力」

覚えた知識「文法、発音、単語」を土台に「話す、聞く、読む、書く」のスキルをフィリピン留学で徹底的に磨いていきましょう。
フィリピン留学成功のポイント「スキルは使って使って上達させる」です。


③ フィリピン留学「辞書」は使うな

daily1500

効率良く英単語を覚えるために必要なものは「日本の英単語・熟語帳」です。なぜなら、知らない単語の意味を調べる必要がないからです。
わからない英単語を電子辞書で意味を調べ、内容を理解し、日本語を書き込むのに約4分かかります。(10個調べると約40分の時間を使ってしまいます。)特に初心者の場合、ボキャブラリーが少ないので1日に約2時間もこの作業をしていたりします。

フィリピン留学で「必要のない単語の意味調べ」で時間をムダにするのはやめましょう!
できる限り単語調べを節約して、より多く「単語を使う時間」に使いましょう。そうすれば使う量がめちゃくちゃ増えるので圧倒的に早く会話スキルが上達します。
フィリピン留学成功のポイント「辞書を使う時間を節約する」です。


④ 留学でリスニングを伸ばす方法

集中して聞く

フィリピン留学でリスニングを伸ばすためには「たくさん集中して聞くこと」が必要です。

LとRの発音がどうこう、高周波の音がどうこう、そんなウンチクは関係ありません。集中して聞くことが重要なので聞き流しているだけではほとんど効果はありません。

留学でのリスニング方法

・今の自分のレベルより少し高いレベルのCDを何度も聞く。
・CDの速度を上げていく。

留学してくれた方がいきなり難しいリスニングに挑戦しても100%挫折します。まずは教材のCDを聞き取るようにしましょう。
聞き取れるようになったらCDの速度を1.2倍、1.5倍とスピードを上げていきましょう。スピードを上げていくと自然と聞き取り能力がUPするからです。
フィリピン留学の間に何倍の速度までCDのスピードアップができるかがリスニング上達の「鍵」になります。
フィリピン留学成功のポイント「リスニングは集中x倍速で聞く」です。


⑤ 留学中の「成果」を知りたいと思いませんか?

私たちはレベルに合わせた学習リスト(表)を使っています。この学習リストを使えば、留学で何を学んだか?また、留学で何を話せるようになったかがすぐわかるからです。

項目教師(AM)教師(PM)教師(SUB)コメント
1. this is
2. that is
3. I am
4. I am doing
5. I will do

(右側の「空欄部分」は実際のレッスン後に記入していきます。)

レッスン計画表の流れ

項目教師(AM)教師(PM)教師(SUB)コメント
1. this is7/15ok
2. that is7/15ok
3. I am7/16ok
4. I am doing7/16
5. I will do7/17ok

学習リストの記入方法
・午前(AM)と午後(PM)のレッスン後に日付を記入(例:7/15)
・担当教師が休んだときのためにSUB(サブ)
・レッスン後、コメント欄にご自身で「OK」か「空白」を書きこみます。

「話せるようになった」と満足すれば → 「OK」
「まだ練習が必要だ」と感じたら →「空白」のままです。

「空白」の時は翌日、もう一度教師と復習していただきます。
翌日の復習で「話せるようになったら」コメント欄に「OK」を入れてください。
ご自身で「OK」か「空白」を判断できるので「話せる」ようになるまで何度でも繰り返し練習することができます。
だから、留学中は100%あなたの会話力が上達していきます。
フィリピン留学成功のポイント「OKかどうかは自分で判断する」です。


⑥ 留学で本当に英語が伸びるのか?

上達度グラフ

フィリピン留学で英語は伸びます。先ほどの説明したリストの「OK」の数を図のようにグラフにします。あなたの留学中の伸びを確認できるからです。(毎週)

・留学1週目は10個
・留学2週目は6個 10+6=16個
・留学3週目は6個 16+6=22個
・留学4週目は5個 22+5=27個
・留学5週目は8個 27+8=35個

目に見えれば「伸びているのか伸びていないのかわからない」という不安はなくなります。(特に2ヶ月以上の留学の方に必要です。)
留学で確実に伸びているのがわかるのでモチベーションが向上します。
フィリピン留学成功のポイント「留学中の上達をわかるようにする」です。



「どこに留学しても違うのは価格と場所だけ」でしたでしょうか?


簡単にフィリピン留学のポイントを書こうと思っていたのですが、お伝えしたいことが多く、長い文章になってしまいました。ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました。

「フィリピン留学で会話をマスターするために本当に必要なこと、しなくて良いこと、何をどこまで、どのように学びトレーニングすれば良いか」は伝わりましたでしょうか?

それさえわかればあなたのフィリピン留学はすでに50%成功しています。
残りの50%はあなたのご決断次第です。

お申込み

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional