選ばれる5つの理由をわかりやすく絵にしました。

選ばれる5つの理由を絵で説明しました。

体験者の声


3日目くらいから、明らかな変化の実感がありました。

小野崎正顕さんから体験談をいただきました。
■2週間という短い期間でしたが英語に変化はありましたか?

2週間しか休暇が取れないため、マンツーマンでのQ&Aを中心にした会話のみのレッスンをお願いしました。

質問に対しての回答を次々としていく中で、英語でのやり取りがごく自然な雰囲気になり、短いフレーズではありますが、なんとか続けて説明できるようになりました。

3日目くらいから、明らかな変化の実感がありました。

どう言えばいいか分からなかった事を聞けるため、次に生かせる

恒川望さんから体験談いただきました。
■留学前と留学の後ではどのような変化がありましたか?

・簡単な質問、受け答えができるようになった
・話が通じなくても、別の言い回しを考えるようになった
・聞き取りがしやすくなった


■以前の留学先と比べてレッスンにどのような違いがありましたか?

・自分のペースで学べる
・マンツーマンのため、質問しやすい
(他の生徒さんの進行を妨げるわけじゃないので、自分が気になる事を聞ける)
・実際、どう言えばいいか分からなかった事を聞けるため、次に生かしやすい
・同じ先生が教えてくれるため、以前質問したところを再質問した場合、話がスムーズ
・2人の先生に教えてもらえたので、午前午後と気分を変えられたのもよかった

苦手意識を克服し、英語でのコミュニケーションが体に馴染んだ

KIKOさんの体験談
■留学前と留学の後では英語にどのような変化がありましたか?

今回の留学を通して、外国人とのコミュニケーションに慣れ、日常生活での基本的な英語対応が可能になったと思います。

留学前は、「英語」、「外国人」に対して、苦手意識がありましたが、毎日のマンツーマンレッスン、そして日常生活の実践を通して、英語でのコミュニケーションが体に馴染んだように思います。


■ご自身の思われていたようなレッスンを受けることができましたか?

希望通りアレンジしていただきました。私は実践的な会話レッスンを希望していたので、文法などを教わるのではなく、話すことを重視した、コミュニケーションレッスンをしていただきました。

学習状況、自分の希望に合わせて予定を組めるので、満足のいくレッスンを受けられました。

ここからは本気で留学を成功させたい!とお考えの方だけお読みください。

詳しく説明していきましょう。

留学までの流れ


①全てマンツーマンレッスンだから話せるようになります。


安心してください。

話せるようになりたい!とフィリピン留学しました。
でも、いきなり「英語をしゃべれ」と言われてもムリですよね?

そんな方もご安心ください。
いきなりしゃべるのは難しいので、最初はサンプルを見ながらあなた自身で英文をつくり、それを「声」に出していきます。

この方法は「数稽古トレーニング」と呼ばれ、以下の内容です。

・学んだ文法で文章を作り声に出す
・文法に新しい単語も付けて声に出す
・それらを否定や疑問にして声に出す

各5文ずつ「声」に出して練習します

このトレーニングを何度も繰り返すとサンプルを見なくても話せるようになっていきます。「習うより慣れよ」のトレーニングです。


②ムダな意味調べを省略するので、留学中ストレスなく学習できます。


フィリピン留学中こそ「日本の単語帳」を使いましょう。なぜなら、ムダな意味調べを省略できるからです。次の2つを比べてみてください。

■一般的なボキャブラリークラス

辞書でしらべる

海外の単語教材を使う

意味を1つ1つ教師が説明する

なんとなく意味は分かるがハッキリしないので辞書で調べる

単語の意味確認の為、穴埋め問題&答え合わせをする

クラスの目的:単語の知識を増やす。

■PMESのボキャブラリースピーキングクラス(マンツーマン)

単語を使ってアウトプットする

日本の単語帳を使う

単語の発音を覚える

新しい単語を使って文章を作り声に出す

クラスの目的:新しい単語を話せるように練習する。

いかがでしたか?

一般的な学校では教師が単語の説明し、穴埋め問題&答え合わせをします。

これはボキャブラリーの数を増やすだけのクラスです。このクラスでは、単語の数は増えても単語を話せるようにはなりません。

日本の単語帳

PMESでは「日本の単語帳」を使います。なぜなら、日本語で意味がわかるので辞書を引くストレスがないからです。

ボキャブラリースピーキングクラスではひたすら新しい単語を使って文章を作る練習をします。使えば使うほど単語が話せるようになるからです。

今すぐアウトプットで学んでいきましょう。

「声に出す=アウトプット」学習は記憶の定着にもつながります。以下、記憶と学習方法の実験と結果です。(2008年ハーバード大学で証明)

記憶と学習方法の実験と結果

最初はインプットで学んだ人達も、アウトプットで学んだ人達もどちらも単語テストで100点でした。それが、1週間後のテストの結果は..

・アウトプットで学んだ → 80点(▲20点)
・インプットで学んだ → 35点(▲65点)

この結果から、インプットで覚えてもすぐ忘れてしまう事。それに比べてアウトプットで覚えるとより記憶に残るという事が証明されています。

「単語をすぐ忘れてしまう...」とお悩みの方はインプット学習をしていませんか?



③間違いを直してくれるので正しい英語をしゃべれるようになります。


合ってる?間違ってる?

英語で話をしていると、その言葉が合っているのが間違っているのかわからない時があります。

私たちはできる限りあなたの間違った所を訂正しています。間違った所を訂正すれば、あなたは正しい英語をしゃべれるようになっていくからです。

また、マンツーマンレッスンなのでいつでも先生に質問できます。いつもきちんとした答えがわかるのであなたはストレスを感じません。


④授業で穴埋め問題をしないから通常の3倍話せるようになります。


私たちは、授業中に穴埋め問題を一切しません。なぜなら、穴埋め問題は1人できるので、マンツーマンですることではないからです。
次の2つを比べてみてください。

■一般的な文法クラス

穴埋め問題

文法の説明をする
↓   
穴埋め問題をする

穴埋め問題の回答をする

クラスの目的:文法の知識を増やせばOK.

■PMESの文法クラス(マンツーマン)

文法を使ってアウトプットする

文法の説明をする
↓ 
文法のサンプルを見ながら文章をつくり声にだす x3文 

サンプルを見ないで文章をつくり声にだす x5文

クラスの目的:文法を使って話せるようになればOK.

いかがでしたか?

一般的なフィリピンの語学学校は日本の英語教育と同じスタイルです。あなたがどれだけ穴埋め問題を解いても身につくのは文法の知識です。

この方法で会話がうまくなるのであれば6年間以上も日本の英語教育を受けてきた私たちはすでにペラペラになっています。

ハッキリ言いますがこの英語教育はテストのための学習方法です。この方法で英語を学んだ人はテストで100点とれても、話せるようにはなりません。

もう、フィリピン留学でテストのための勉強はやめましょう。私たちはマンツーマンレッスンで穴埋め問題は一切しません。

文法クラスでは繰り返し文法を話せるようになるトレーニングをします。なぜなら、使えば使うほど、あなたはそのフレーズに慣れ、自然と「口」から出てくるようになるからです。



⑤復習するから覚えたことを忘れません。


記憶のグラフ

フィリピン留学中、あなたは必死に単語や熟語を覚えます。しかし、せっかく覚えても1週間、2週間、だんだん忘れていってしまいます。

実は「復習」をすれば記憶の定着率が通常の3~4倍になるのが証明されています。(エビングハウス忘却曲線より)

だから、私たちはマンツーマンレッスンに復習も取り入れています。フィリピン留学中はあなたも週1回の復習を意識してください。


こんな意見も見逃せません...


「生活しやすく、勉強に集中できる環境があるとおすすめ出来ます」

初めてのフィリピン留学、初めての海外生活、やはり不安ではないでしょうか?

まったく心配いりません。なぜなら、あなたは快適なホテルに滞在し3食&掃除のフルサポートを受けられるからです。

テレビ、エアコン、温水シャワー、トイレ、勉強机、椅子2脚、冷蔵庫、キャビネット、鏡、サイドテーブルなど完備。

すべての部屋でwifiが使え、ネットが早いです。虫や蚊もほとんどおりません。留学中の部屋の掃除やベットメイキングは週3回、いつでも都合のよいときにホテルのフロントにお伝えください。

フィリピン留学でここまで快適に過ごせるのはポイント高いです。

昼ご飯 ホテルの部屋

社会人10名様限定の小さな学校だから。

大きな学校に抵抗がある方におすすめのフィリピン留学先です。
団体行動が苦手なあなたにもぴったり。
社会人の方たちが集まっています。他のフィリピンの学校に比べ、留学生の年齢が少し高く落ち着いた雰囲気です。(生徒さんたちの平均年齢は33歳です。)

学校の概観 休憩場所 

え?フィリピンて危険じゃないの⁉️フィリピンて、島によってこんなに違うの‼️

女性や子供でも危険を気にせず歩ける街だから。
あなたはフィリピン留学先で危険にビクビクしながら毎日を過ごしたいですか?

フィリピン留学ではまず、「安全」を第一に考えましょう。なぜなら、フィリピンは危険で汚いところが多いからです。しかし、パラワン島は「危険・汚い」の2つは当てはまりません。

安全なだけでなく、学校のあるパラワン島プエルトプリンセサ市は「フィリピンで一番清潔な都市」です。( the Cleanest and the Greenest city 2012)

パラワンってどこにあるの?

パラワンへの道のり

パラワン島は日本から飛行機を乗り継いで約7時間。マニラやセブで乗り換えが必要です。セブパシフィック航空を使えばターミナルの移動もなく乗り換えが簡単です。

例)日本ーマニラ マニラープリンセサ(どちらもセブパシフィック航空を使う)

空港到着後はホテルまで車で5分、移動が楽ちんです。日本から直接パラワンに来れないのは不便を感じますが、一生に一度の留学なら迷うことではありません。

留学後の「快適で安全な生活」を最優先に考えるならベストの選択だからです。

また、パラワン島は読者が選ぶ

・2013,2016年「世界のベストアイランド」1位
・2014,2015年「世界一美しい島」1位

アメリカの人気旅行雑誌「トラベル+レジャー」と「コンデナスト・トラベラー」が発表。世界No.1なのに日本人にまったく知られていないのもポイントです(笑)

パラワンの写真

スペシャル特典最長6ヵ月の「留学前の学習サポート」をお付けいたします。

留学前に何をするの?

・文法と単語を学びます
・毎週、金曜に進んだ分を私にメール
・週末に成果表とアドバイスを返信します
・わからないことは何度でも質問できます
・一緒にするのでギブアップしません

これはフィリピン留学を100%成功させたい方への特典です。このサポートを受ける、受けないの判断はあなたにお任せいたします。どうしても、今は時間がないという方もいらっしゃると思いますので。
実はこのサポートを提供するにあたり、私自身かなりの心の葛藤がありました。

山本勉 写真

それは、

・フィリピン留学に来る前から挫折させてしまったら...
・留学はしたい、でも今は学習サポートはムリという方がうちを選ばなくなる...
・このサポートを利用すれば、2~3か月の留学で結果を出せるので、誰も長期留学してくれなくなる。

など、いろんな心の葛藤がありました。ただ、私の心の中で一番大きかったのは、うちを選んでくれる方達に、このフィリピン留学できちんと結果を出してもらいたい!という気持ちでした。

「いくらかかるの?」と質問がありました。
「無料です」

なぜなら、先ほどもお伝えしましたが「このフィリピン留学でめっちゃくちゃ結果を出してもらいたい!」との気持ちだけで始めたからです。あなたが損することは何もありません。ダメなら途中でやめればいいだけですので、とりあえず気楽にやってみてください。

「本当にワタシにできるのだろうか....」

と最初は不安に感じるのではないでしょうか?だから、

実際にサポート体験中のEさんにお話を聞いてみました(20代女性)

■勉強するタイミングは?

今は自分の体力と気持ちに余裕がある時に勉強をしています。山本さんにサポートして頂きながらの勉強を始めた当初は、毎日絶対これだけやる!って意気込んでいましたが、私はその結果 出来なかった時のモチベーションの下がり方が大きかったです。
そもそも勉強する習慣にも慣れていないし、飽き性だし。山本さんのサポートが無ければ今日まで続けれていないと思います。


■学習のペースは?

毎週5ユニットが当初の目標でしだが、ユニットによって理解するのに時間がかかる事も多く、今は平均して3〜4ユニットくらいかと思います。


■連絡のやりとりは?

楽しいです。私のめちゃめちゃな文章力(英語)でやりとりする事に恥ずかしさもありますが、自分の言いたい事を英語にして、それに対して山本さんが返信をくれると、これでも何とか伝えれているんだなぁって。

E さんの成果表です(3カ月目)

Eさんの成果表です。

留学までの流れ

6か月後

フィリピン留学前のEさんの成果表です。

>留学前にすでに6ヶ月も予習しています。フィリピン留学直前の金曜日、Eさんは文法の教材を全部終わらせてくれました。それがめっちゃくちゃうれしくて、メッセージを書きました。

頑張ってくれてありがとうございました。

ありがとうのお返し。



最後に...実際の留学体験は?


留学後、人生初のTOEICは705点でした。

kei君から体験談いただきました。

当初の予定の4ヵ月間のフィリピン留学期間を2カ月延長しようと考え始めたのは、授業を受け始めて3カ月が過ぎた辺りでした。その頃には自分自身でも英語力が上達していることを実感していた時だったので、もっと続ければ英語がより身近で自然に使えようになると思ったのが延長することを決めた一番の理由です。ただそれ以外にも、居心地のよいホテルで勉強に集中しやすい環境があることも大きな理由の1つです。

私がそうだったのですが、特に長い期間、語学留学をしようと考えると、本当に英語が上達するのか、先生や授業はどうなのか、住む部屋や料理、治安は良いのか、また近くにレストランやショッピングモールはあるのかなど気になる点が多くなり、ある程度の大きな決断が必要になると思います。

もし今迷っている方がいるなら、ここにはそれらがほとんど揃っていて、生活しやすく、勉強に集中できる環境があるとおすすめ出来ます。
勉強に集中したいと思う日は誰にも邪魔されずでき、気分転換をしたいと思った日には観光やレストラン、綺麗なビーチなど、遊びには困りません。

自分のペースで流されることなく勉強したいと思っていた私にはぴったりな学校でした。おかげで日に日に英語が好きになり、同時にこのパラワンのことも好きになりました。

ここはマニラや他のフィリピンの都市と比べて町がとても綺麗で、未だにたくさんの自然が残っています。また欧米人に人気の観光地にも関わらず客引きほとんどいません。
あと特に治安に関しては常識の範囲内で行動をしていれば危ない目に会うことはまずないと思います。やはりせっかく外国にいるので、危なくて自由に外出出来ないなどは個人的に嫌だったので、その辺りも気に入りました。

最後にパラワンは旅行するのにもとても素晴らしい場所ですので、特に語学留学を考えていない方でも一生に1度訪れる価値のある場所だと思います。


TOEIC
(TOEIC公式問題集を1冊やったそうです)


最終日、娘の英語力に一番驚いていたのは私だった

Ayarin & Hinatan さん親子留学体験談をいただきました。

パラワン親子留学中はたいへんお世話になり、ありがとうございました。
…ぃや、パラワン留学に行く前から、本当はお世話になっていました!

トムさんは、『社会人のための留学』とうたってるのに、どうしてもパラワン島に留学したかった私は、無理を承知で子どもも一緒に受け入れてもらえませんか?とメールでお願いしましたね。結果、受け入れていただき、本当に貴重な体験を親子でさせていただきました。今考えると、無理を言って悩ませてしまったんだろうなぁと思います…

そして、滞在中も毎日毎日、本当に毎日!無理を聞いていただきました。
レッスン初日の日は、レッスンの形態を細かく尋ねてくださり、希望を叶えてもらいました。

...(詳細は留学体験談に掲載)

この日何より感動したのは、夜、少し遅い時間でしたが、普通に子ども連れで街を歩けること‼️なんて安全なんだ、パラワン‼️海外で夜風に吹かれながら、女子どもが危険を気にせず歩けたこと、本当に新鮮でした。私は趣味で、海外旅行に結構行ってますが、こういう所は少ないと思います。え?フィリピンて危険じゃないの⁉️フィリピンて、島によってこんなに違うの‼️と衝撃でした。わたし、この国は全体的に危ないんだ‼️と思っていましたから。

...
...(詳細は留学体験談に掲載)

こんな調子だと、遊んで食べてばっかりやん!と思われるかもしれないので、ちゃんと説明させてください。今まで書いた文章は、《全て6時間レッスンを受けた放課後》の話です。

私自身はもちろん、小学生の娘も、最後まで休むことなく毎日6時間レッスンを受け切りました。途中、飽きるかなとか、サボりたくなるかな、とか心配していましたが、一度も渋ることもなく、毎日とても楽しそうに6時間という長さの授業を受けていました。それは、昔保育士をしていた先生のテクニックであったり、娘が大好きな絵を上手に取り入れてレッスンしてくれたことだったり、先生方の工夫のおかげだと思います。

そして、最終日の娘の英語力に一番驚いていたのは私だったと思います。先生の力を借りて、ここまで娘は成長できたんだと思うと、お母さん冥利につきました。『あー、連れてきてよかったな…』と。


外務省の情報やテロなどの社会情勢から、最初は親子留学に大反対だった私の家族も、現地に住むトムさんからのナウで正確な情報のおかげで、最後は安心していました。

メールでやりとりする中で、トムさんの人柄に安心感や信頼感を覚え、数ある親子留学の情報の中から自分の勘を信じてパラワン親子留学に踏み切ったこと、今でも本当に《good jobわたし!》と思っています。

大きな詐欺から小さな誇大広告まで、留学関係は本当に何かと問題が多いですが、そんなものとは全く無縁なパラワン留学。その辺りをもっとアピールしたらいいのに…と心の底から思います。関西圏に住む人なら、私が直接会って大丈夫のハンコを押して回りたいぐらいです。


追伸


当社のページをここまで読んでくださってありがとうございます。

・フィリピン留学でどのように学べばいいか?
・留学前に何を準備すればいいか?

きちんと伝わりましたでしょうか。
わたしたちは大手の学校ではないので、あなたもわたしの学校に来ることに不安があるのではないかと思いました。

なので、今回、特別に最長6か月の留学前の学習サポートをおつけいたしました。

まずはあなたが今回のフィリピン留学で英会話をマスター為の準備から一緒にサポートさせていただけたらと思います。

小さな学校で限定10名様までの対応になります。
すぐ、埋まってしまいますのでこの機会にぜひお申込みください。

お申込み